20代の女性でも発症するFAGAの原因

公開日: 

20代の女性でもFAGAを発症する可能性はある

20代の女性でもFAGAを発症する可能性はある
「自分はまだ若いから髪の毛が薄くなるわけがない」と考えている女性は少なくありません。

しかし、20代の若い女性でもFAGA(女性男性型脱毛症)を発症することが分かりました。

  • つむじや前髪の分け目の部分が前よりも目立つようになった
  • 髪の毛の1本1本が細くなってコシがなくなってきた
  • 頭皮が赤くなったり痒くなったりして毛髪にダメージが加わっている
  • 頭皮のボリュームがだんだんと薄くなっている

ツルツルにハゲることはなくても、上記のような薄毛の症状を引き起こすのがFAGAの特徴です。

20代の女性でも発症するFAGAの主な原因は?

以下では、20代の女性でも発症するFAGAの主な原因について簡単にまとめてみました。

ホルモンバランスが乱れている

ホルモンバランスの乱れは、FAGAを発症する大きな原因です。

  • 女性の身体には卵胞ホルモンのエストロゲンが流れている
  • エストロゲンには毛髪の成長を促す作用がある
  • ホルモンバランスが崩れてエストロゲンの分泌量が減る
  • 今まで影響を受けていなかった男性ホルモンの比率が増える
  • ヘアサイクルを乱すDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を強く受ける
  • 以前よりも抜け毛の本数が増えて薄毛が徐々に進行する

このようなメカニズムになっており、年月を経て少しずつ髪の毛に悪影響が引き起こされます。

基本的に女性は加齢によって女性ホルモンが減少しやすく、ホルモンバランスが乱れるのは自然現象なので仕方がありません。

しかし、精神的なストレスが溜まっていたり睡眠不足に陥ったりと生活習慣が乱れていると20代の若い女性でも簡単にホルモンバランスが乱れ、薄毛の症状が進行していくので注意してください。

頭皮や髪の毛に大きなダメージが加わっている

間違ったヘアケアを続けていると、知らず知らずのうちに頭皮や髪の毛へと大きなダメージが加わります。

  • パーマやカラーリングを頻繁に美容院で行っている
  • ブリーチを自宅で何回も行って染めている
  • 毎日たっぷりとスタイリング剤をつけている
  • お風呂でのシャンプーのやり方が雑で汚れを落としきれていない

上記が原因で毛根や頭皮を傷めることが多く、髪の毛の成長がストップすれば抜け毛の本数は増えやすいのです。

若い女性であれば見た目を可愛くするために、髪の毛の色を変えたりカールさせたりするのは珍しくありません。

とは言え、外因性の要因が引き金で抜け毛や薄毛を引き起こしやすく、結果的にFAGAの症状が進行するので何事もやり過ぎは控えましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

PAGE TOP ↑